Q&A/カビが生えてしまったときに多額の費用/料金がかかる場合と防カビ施工で安く対処する方法

カビが生えてしまったときに多額の費用がかかってしまう原因の一つは建材の交換が必要になるからです。

建材?

ここでいう「建材」とは建物の木材(屋根、天井ボード、下地ボード、床材)、コンクリートやモルタル、ビニールクロスなどの壁紙、畳、漆喰・珪藻土の塗り壁など交換・張り替え・塗り替えができるものをまとめて「建材」としています。

清掃業者の場合は洗剤と掃除道具で目に見える汚れをお掃除します。カビの場合も同じようにカビ取り剤を使って掃除しますが、内部に入り込んでいるカビが発生していると薬剤だけでは再発してしまう可能性が高まります。その内部のカビに対応できる業者はカビ取り業者か内装業者になります。

しかし内部まで汚染が進行しているからと言って、下地ボードの交換、壁紙の張り替えをしていると10万円から50万円の費用がかかります。

そのため当店は特許の防カビ技術でなるべく建材の交換を少なくして防カビコーティングするので費用が安くなります。これが当店が選ばれる理由の一つです。防カビ効果については会社概要↗に記載されていますのでご覧ください!

業種作業内容
清掃業者一番安いですが洗剤と掃除道具のみで対応するので表面のカビだけが除去される
内装業者カビが生えてしまった建材丸ごと交換するので見落としが無ければ効果的。しかし一番費用がかかる
カビ取り業者清掃業者と内装業者の中間的存在

お客様のカビが生えている状況を確認して、カビが広範囲に生えている場合など作業的に危険が伴う場合は迷わずプロに依頼しましょう!

カビを専門にしている業者は数が少ないのでお客様が安心して頼めるように1年間の安心保証を準備しました!カビ問題は十人十色で様々な不安があると思いますが当店スタッフが親切・丁寧にご案内しますのでよろしくお願いします!

カビが生えてお困りのことと思いますがカビ取りプロはどのようなことするの?と疑問をお持ちのお客様に施工事例集を公開しています。一部ではありますが参考になれば幸いです!