和室のカビ取り防カビ対策専門業者/部屋の漆喰/珪藻土/土壁/砂壁に生えた黒カビや白カビを除去して再発を防止するプロのリフォームサービス

カビ取り防カビ対策専門業者の純閃堂です!関東の一部地域を中心にカビ取り掃除から工事施工やリフォームをしています。

和室の塗壁や畳にカビが生えてお困りのことと思いますが、プロに依頼するタイミングと自分でお掃除する方法を以下にご紹介していますのでじっくりとご検討ください。

プロに依頼するタイミングは「自分でお掃除するには危険」な場合と「専門的な工事が必要」な場合、または「防カビ対策対策をしたいとき」に限ります!


  • カビが広範囲に生えていて自分では対処できない
    • 塗り壁に畳一枚分ほどのカビが生えているなど
  • 天井が高すぎて自分で作業するには危険
    • 塗り壁の天井付近に生えているなど
  • 換気ができない空間なので作業するには危険
  • カビのアレルギーがあるので吸い込む危険性がある
    • 白カビなど危険なカビが大量に生えているなど
  • 赤ちゃんやペットがいてカビ取り掃除に集中できない
  • 雨漏りや漏水が原因でカビが生えている
    • 天井付近にカビが生えているときなど

上記のようにカビ取り掃除をすると作業的に危険だったり、健康面で有害な場合は無理をせずにプロへ依頼したほうが安心です。

本ページの下部にカビの危険について記載していますので同時にご覧ください!

自分で取る場合とプロに頼む場合

こちらの画像はお客様が当店のカビ取り侍を使ってカビを除去したときの写真です。大きな変色を回避してうまくカビ取りできています。

塗り壁のカビ取り方法↗はこちらをご覧ください。

和室の小壁(または蟻壁)に生えた黒カビで、1つの小壁だけに黒カビが発生したためご自身で落とすことができました。しかしこのカビが畳一枚分を超える範囲にカビが発生している場合は2つの危険性があります。

それは「カビの胞子が大量に浮遊する」ことと「大量のカビ取り剤が必要」なことです。カビの範囲が広すぎたり、ふわふわした粉カビが大量に生えているときは、洗剤とカビの両方を吸ってしまう危険性があるのでプロに依頼した方がいいでしょう。

インターネット上を調べるとカビ取り業者とハウスクリーニング業者が「ご自宅のカビを取ります!」と宣伝していますが、この2つの業種は対応する最終目的が異なります。


  • ハウスクリーニング業者の最終目的は「目の前にある汚れを綺麗に落とすこと」です。
    • 洗剤と掃除道具で対応できる範囲を洗浄して綺麗にします。
  • カビ取り業者の最終目的は「カビを除去して次のカビが生えないように防止すること」です。
    • 清掃・抗菌・リフォームの3つの技を駆使して防カビ対策します。

お客様の目的に応じて選ぶことが大切です!

カビ取り業者の場合はカビが生えた原因を「調査」して、その原因を「突き止め」カビを「根本的に除去」した後に仕上げの「防カビ対策」することで、圧倒的に次のカビの再発を抑え込むことができます。

その方法は修繕・リフォームで対策する方法や、市販されていない防カビ剤で強制的に対策する方法など多岐に渡ります。よってカビ取り業者はお客様と念入りに相談したのち低予算のものから工事の費用まで幅広くご提案できるのです!

このようにカビ取り業者とハウスクリーニング業者は最終的な目的が違うので、お客様のご希望に沿って相談する業者をお選びください!

当店にご相談の場合は、ご相談の内容からハウスクリーニング業者が適していると判断した場合は協力会社を紹介します!

自分で
カビ取り掃除をする場合

またカビが生えている範囲が小さい場合で無理なく自分でお掃除できるときは、こちらの「カビ取り方法の総合サイト カビのとりせつ」にカビ取り方法がたくさん載っていますのでご参考ください!

プロに
依頼する場合はこちら

自分でお掃除するには危険だな…雨漏りや浸水で自分では対処できない…そのように判断したときには当店にご相談ください!建物のカビ問題を解決できるように頑張ります!

カビは成長するとカビ毒を作るので人体に有害です。カビ毒を総称してマイコトキシンと言いますが、長期間吸い続ければ呼吸器に悪影響があり、経口摂取すれば肝臓・腎臓に有害という調査があります。またカビは熱湯で死滅しますがカビ毒は別で、20分沸騰させても分解できない場合があります。

そのような健康被害が発生する強力なカビを倒さないといけないので、カビ取り剤も強力であり使い方を間違えると危険です。

「スプレーのかけ過ぎ」「換気をしていない」「酸性洗剤と同時に使う」など注意点に記載の内容を無視して使用すると塩素臭が大量に発生して目や喉に痛みが発生します。

結論:カビも危険でカビ取り剤も危険

しかしカビは放置していると家や物を腐らせ毒を蓄積するので人体に有害です。洗剤は使用方法を守れば一時的な危険を回避できます。しかしカビが広範囲に生えている場合など自身の安全を確保できないときは、カビ・洗剤の両方を吸ってしまう恐れがるのでプロに依頼してください!

JUNSENDO

またカビ取り業者が心掛けていることは「十分に安全な状態に仕上げること」です!当店の場合は洗剤を製造しているので「中和」「分解」など安全にする方法を熟知しています。カビ取り掃除をしたあとお客様が安全・安心な生活ができるように仕上げています!